Home » koredemo shouhizouzei yarimasuka by Shunske Kondo
koredemo shouhizouzei yarimasuka Shunske Kondo

koredemo shouhizouzei yarimasuka

Shunske Kondo

Published August 19th 2013
ISBN :
Kindle Edition
44 pages
Enter the sum

 About the Book 

消費増税議論において最も懸念されることは、国民に示される消費増税実施の判断基準となるべき統計等が、消費増税を正当化するものに捻じ曲げられ、それに基づいて矛盾した主張が平気で報じられていることである。それによって、殆どの国民は、客観的な情報に触れる機会を著しく奪われてしまっている。本著では、マスコミが余り報じない客観的統計等を示すことで、消費増税の旗振り役を担っている一部のマスコミで繰り返されている主張の、どこがどのように歪められているのかを明らかにし、More消費増税議論において最も懸念されることは、国民に示される消費増税実施の判断基準となるべき統計等が、消費増税を正当化するものに捻じ曲げられ、それに基づいて矛盾した主張が平気で報じられていることである。それによって、殆どの国民は、客観的な情報に触れる機会を著しく奪われてしまっている。本著では、マスコミが余り報じない客観的統計等を示すことで、消費増税の旗振り役を担っている一部のマスコミで繰り返されている主張の、どこがどのように歪められているのかを明らかにし、多くの国民が客観的な判断を下す際の一助になることを願って書き下ろしたものである。【目次】はじめに§1. 4~6月期GDPが物語る日本経済の実態  1. 消費増税実施へ第1関門を越えた?  2.好調な消費がGDPを押し下げた?  3.消費主導の景気回復の中で下落する「家計最終消費支出」デフレーター  4.期待に働きかけられていない「大胆な金融緩和」§2.根拠の怪しい消費増税擁護論  1. 消費増税を正当化する「3本の矢」  2. G20で否定された「国際公約」  3. 債務国が、債権国に財政再建を迫るおかしな構図  4.消費増税を先送りすると長